玉ねぎに追肥したら雪が降った!遅れてきた冬将軍の畑や田舎の風景!

減反の田んぼの畑の写真

玉ねぎに追肥したら、運が良いいことに雪が降りました。
今年は、なかなか雪が降らなかったのですが、遅れてきた冬将軍の畑や田舎の風景を、撮影してみました。

玉ねぎへの追肥や、雪が降る直前の(前の日)畑の風景も。

しかし、雪はいらんな~~長い冬の始まりです。

スポンサーリンク

玉ねぎに追肥して来年に備えた!肥料は蛎殻石灰!

玉ねぎの収穫は、6月~ですね。
それまでは、この写真のようにじっくりとこれから雪ノ下で、熟成して成長していきます。

春になれば、またいろいろ肥料や殺菌の処理があるのですが、それまではこのまんまの状態で、雪の下にいることになります。

勿論、ほかの

  • 1:苺
    2:レタス
    3:つぼみ菜
    4:アスパラガス
    などなど・・

春になると、元気になるから、不思議なもんだな~~と思います。

玉ねぎの追肥のひりょうは?

この間の記事でも紹介しましたが

「蛎殻石灰」

です。
写真はこんな感じの肥料です。

蛎殻石灰肥料の写真

中身は

蛎殻石灰の内容物の写真

これがどんな風に聞いて肥料になるのかは、さっぱり・・

いずれ、87歳のおふくろさんのノウハウです。

本人は

「雪降る前に追肥してえがった・・」

と言ってました。
いずれ、天気予報見ながら仕事の内容を決めているので、行き当たりばったりではないわけです。

冬間近の畑の風景と減反の田んぼの写真!

この間の写真と、何のそん色もありません。
じっと冬を待つ姿ですね。

玉ねぎに追肥の写真

玉ねぎに追肥の写真

玉ねぎに追肥の写真

来年、この上の減反にホウレンソウか、もしくは何かの葉物やブルーベリーの木を植えるんだな~~

さてどうなるかな?

私の定年は来年だ。

今でも定年のようなものですが、いずれ仕事の定年は来年に決めてるんだな。

すかすだ・・

お国の、減反政策で草ぼうぼうの田んぼに、成り下がってるのですが、コメの消費が少ないから仕方がないんだべな~~

作っても売れないんなら、やっぱし休むしかないもんね。

雪が降った畑の写真!もうそこまで雪が深くて行けない!

雪が降ったど~~~

どんだけ?

こんだけだ~~~

雪が降った風景の写真

すごい雪です。

雪かきもしました。

この雪の量や、写真は別記事でまとめて紹介します。

スポンサーリンク

田舎の冬はどうやって過ごすんだ?

これは大きく分けて

  • 1:雪が多い田舎暮らし
    2:ほぼ雪がない田舎暮らし

で、全く違うかと思います。
私の地域は、文句なしに1番です。

雪が降った風景の写真

上の写真見て、納得でしょう!

では、こんな雪が多いところに住みたい?

私は嫌です。
でも、雪が嫌いで嫌でも、ほかの好きな部分が多いので、トータルでは

「ここが大好き!」

です。
でも、欲を言えば雪が少ない、此処と同じくらいの山奥の僻地なら、もっともっと文句なし!

なのだが・・そうはうまくはいきませんね。

冬はどうやって過ごす?

さて??

どうしてると思いますか?

私なら、ブログの作業と、冬の観光地を歩いてみましょうか?

でも、今年はコロナでそれもかなわずですから、もっぱらこもっているしかないように感じます。

雪が降った風景の写真

おふくろさんは、家の中で孫と遊んで、毎日少しづつ雪かきをしたり、雪の風景でも散歩したりしています。

畑の作業も、田んぼは何もできませんから、まあ~~お休みですね。

でも、これからは冬にできる農業と言うのも、少し考えてみようかな~~と思います。

となると‥ハウスかな~~と。

投資はしたくないな~~とも思うんだな。

さて??

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。