ひとめぼれ(コメ)の栽培方法と年間イベント!1年を凝縮してみた!

田植え機械と田植えの写真画像

コメの在庫は多く、コメ余りで消費も低迷のようですが、私はコメ農家なので、やるしかないんだな。
年間の、コメのブランドは「ひとめぼれ」ですが、栽培方法のイベントを写真を使用しながら、凝縮してみました。

山奥なので、水は川の源泉で湧き水とほぼ同等で、生活排水がほぼ入らない生水です。

スポンサーリンク

ひとめぼれ栽培の冬~春の作業イベント!

まだ春になりませんが、お米の栽培には事前準備が必要ですね。
これは、何でもそうだと思います。

春になりかけの3月の、カレンダー見て日のいい日から、始めるんだな~~
このイベントには、我が家では

「出羽三山暦」

が活躍します。
そこで、縁起のいい日を選ぶんだな。
むずかしくないです・・あのカレンダーに書いてある大安とか、仏滅とか・・いたって単純な「ゲン担ぎ」です。

 

一番最初はた種籾(たねもみ)の洗浄から!

 

米のもとになる

「種もみ」

は、農協(JA)に注文して、購入します。
自分で採取することは、さてどうなんでしょうか?

禁止ではないと思いますが、品質は極端に落ちるので、どこでもJAから購入しています。

が・・以下に購入品でも、中身がない(砂状態)のもあるんだな~~
それを選別するために「塩水」で洗います。(比重計で測定しながら)

ひとめぼれ種もみも洗浄風景写真

そこで浮いたものを、救い上げて選別する作業です。
残ったものを、エースとして種まきに使用するんだな~~

写真のように、桶に塩水を作っておいて、それに種もみを入れて、浮いたものをざるですくい上げます。

この作業を行った後に、種の芽だし作業を機械で行うのですが、写真が・・・
これは来年、実際の作業で紹介していきます。

ちなみに、私が好きなゲン担ぎの日は、何事も

「先勝」

ですね。
いい響きです。

ひとめぼれ栽培の春の作業イベント!春は田んぼが忙しい!

田んぼに限らず、春は農業にとっては1番の仕込み時の季節です。
畑もそうですが、春はとても忙しいですね。

特に私が住んでいるこの山奥の僻地では、雪が結構ありますから、冬の間は農作業は何もできません。
それでも、何とか工夫をして、野菜は食べる分だけですが、雪囲いなどしながら、するようにしていますが、なかなかしんどいですね。

 

ひとめぼれ栽培の入り口!苗箱に土を詰める!

 

田植えをするには、苗を作らなくてはいけません。
どこに種をまくかと言うと、苗箱に土をつめてその上に蒔いていきます。

その準備の前の、箱に土を詰めていく作業です。

その土も、いろんな肥料などを混ぜる作業があるのですが、それはまた来年。

苗箱に土を入れる作業の写真

詰めた箱は下の写真のように、重ねていきます。

苗箱を重ねた風景写真

我が家では1.5haに箱は350枚ほど。
これはちょっと多いのですが、全てが良品になるとは限らないので、多少多めに作ることにしています。

 

種まきはとても重要だ!

 

例年ですと、4月10日前後に種まきをします。
機械は写真のようですが、この機械はすでに30年以上は使っています

1年に一回だけ。
しかも3時間ほどしか使いません。
それでもないとこの作業ができないから、農業と言うのは.機械にお金がかかるんだと思います。

種まき機械の写真画像

 

春はトラクターで田圃の掘り起こしと代掻き!

 

苗の準備は以上のようですが、今度は田んぼを耕す仕事!

田んぼの耕運(たぶちの風景写真)

こんな風景で、トラクターで全部の田んぼを起こしていきます。
その後、田んぼに水を張ってトラクターで、代かきをしていくんだな。

トラクターでの代掻きの風景写真

仕上げはこうなります。

田んぼの代掻きの仕上げの風景写真

仕上げがなれば、あとは苗の育ちを待って、田植えを行うのみ。
って・・そこに向けていくので、あんがいと日にちの読みが重要になって行くんです。

具体的には来年、実際の作業写真で。

 

春のメーンイベントは田植だ!

 

春の一大イベントと言えば、やはりこれは

「田植え」

です。
作業は、大きく分けて苗を運ぶ人、それと機械で植えるオペレーターに分かれると思います。

春の田植えの状況写真

我が家でも、田植えは家族総出でおこないます。
さらに1年のうちで、最大のイベントなので、婿殿の実家から応援もきたりします。

苗を運ぶ人、植える人、箱を洗う人、いろいろ作業があっててんてこまいです。

田植えが終われば速攻でハウスを解体します。
ビニールを取り除くだけなのですが、次に一年を通して使用する野菜用のビニールに差し替えるんです。

そんな面倒なことしなくて、かけたままでいいのかと思うのですが、実は苗用のハウスはビニールが高いのでもったいないのです。

今度はそのビニールハウスの中で、トマトやナスなどを栽培します。

このハウスは温度を取るハウスではなく、単純に雨が当たらないための目的です。

雨が当たらないとトマトは長く食べられます。(11月初めころまでたべますよ~~~)

スポンサーリンク

ひとめぼれ栽培の春~夏のイベント!溝切や草刈りの写真!

田植えが終わって、すぐやってくるのは嫌な

「草刈り」

です。
正直言ってこれは嫌だ。
涼しい時ならまだ良いですが、夏の暑い盛りは本当に参ってしまいます。

田の畦畔の草刈りの状況写真
(刈った後が長くてとら刈りでへたくそです)

でもこれを仕事にしている人がいるのですから、そんな事は言ってられないですね。

そうはいってもだ…

写真のように土手を刈って行きます。(これ一本100m)
買った草は、以前は焼いていたのですが、最近は危ないのでそのままにしておいたり、集めて軽トラで1カ所に集めて捨ます。

 

6月の中旬は溝切りの季節

 

この作業は、1年に1度のみの作業です。
水切りを行う目的は、田んぼに何本か切ることによって水はけを良くすることです。

このみぞを切ることによって、田んぼがよく乾きます。
すると、秋の稲刈りの時にコンバインがすいすいと走れると、そういうことですね。

田んぼの溝切の機械の写真

が、それはなかなかうまくいかないのは私の場合は普通です。

田んぼがよく乾きます。
すると、秋の稲刈りの時にコンバインがすいすいと走れると、そういうことですね。

が、そうはなかなかうまくいかないのは私の場合は普通です。

機械自体は写真のように、小さな機械で取り扱いが容易です。

しかし田んぼの中はぬかるんでますから、この歩くのがなかなかしんどい。

ひとめぼれ栽培の秋のイベント!秋は収穫の稲刈りの季節!

8月の初めに稲の穂が出て、お盆前に出揃います。
例年だとそうなるのですが、天候次第でずれたり、その直に低温だったり雨の日が続くと、稲羽をかけられないので花が咲きません。
そうすると不足になるので、この8月の初めの時期は非常に重要です。

何はともあれ、秋は稲刈り。

秋の稲刈りの写真

2020年の今年は、9月20日頃始めました。
温暖化の影響で、だんだん早くなってきています。
今年の米の品質は、我が家では全数一等米。

すごくきれいな米粒でした。

だからといって味がいいとかそういう問題ではありません。
味覚がそれぞれ、人によって好みがあるでしょうから、一概には言えないでしょう。

参考までに、刈り取りした後は乾燥機にかけて、籾摺りの機械で脱穀します。
小さい機械ですが、この機械も30年以上使っています。
1年にほぼ3日ほど、時間にすれば大体30時間使っていればいい方ですが、それでも30年以上は長持ちするもんだな~~って思います。(残念ながら作業中の写真がないので来年に)

 

自動で30㎏ほどに計量して、袋に詰めてJAに出荷します。

近所では、どこに出荷しても自由なので、JA以外に出荷する方もいますが、私は組合員なので、昔っからJA一本です。

直売してもいいですが、こんな量はさばけないので、ま~~このまんまでしょう。
産直もやってみたい気もありますが、そのへんはおいおいと・・

 

もみ殻を焼いて燻炭にして焼きいもは最高の御馳走!

 

下の写真のように、もみ殻は煙突を立てて焼きます。

もみ殻を焼く燻炭作成の様子の写真

そして

「燻炭」

にするんだな。
その時に、この時期はちょうどサツマイモの時期なので、この中にアルミホイルで入れて、焼きいもにします。

これがおいしいんだな~~って、孫が大好きです。
毎年の恒例です。

もみ殻は全量焼いて燻炭にします。

それを畑や、来年の苗箱の土に混ぜて使用します。

燻炭って売ってるんですね。
これは最近まで知りませんでした。

どうやらそれは、外国産で日本製ではないようです。
しかし結構高いもんなんですね・・これは驚きました。

スポンサーリンク

ひとめぼれ栽培の田んぼの履歴!田んぼ作業の感想!

皆さんが、スーパーやお店で購入する

「ひとめぼれ」

は、私が出荷した状態からは、もう一回精米と言う作業が入ります。
透明なお米で売ってますよね~~

しかし、私が出荷した状態は、写真のような状態です。

袋に入れると、こんな写真になります。

「うまさにいちず!宮城米」

です。

宮城県の銘柄米ひとめぼれの特徴は?

一口で言うと

「冷めてもおいしい」

です。
私は他のブランド米は食べたことは、そんなにないのですが、冷めてからもおいしいのはこの

「ひとめぼれ」

の特徴かと思います。
なので、私が思うには

「おにぎり」

には適していると思いますよ~~

ぜひ食べてみてください!

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。