つぼみ菜とレタスの来年収穫に向けての苗の植え付けと畑の写真!

つぼみ菜を植えた写真

11月ですが、畑には来年の仕込みで、すでに植えた野菜が結構あります。
つぼみ菜と、レタスもそうですが、畑に苗を植え付けた状態を、写真でストーリー風で紹介していきます。

つぼみ菜とレタスの苗の状態と、畑の土に入れた肥料の紹介もします。

こんな風に・・と思ってみていただければ、うれしいかと。

レタスとつぼみ菜を植える畑の場所の写真!

畑には、1年中何か植えています。
でも11月の終わりになる頃には、来年の春に採れる野菜を仕込んでおきます。

このページでは、来年の春に収穫できる

  • 「つぼみ菜」
    「レタス」

畑に仕込んだので、その風景を紹介していきます。
畑の土に混ぜた肥料や、栄養剤のようなそんなものも紹介していきます。

なお内容は、我が家の場合なので、教科書でどうなっているのか私は分かりませんが、地域によってまた土壌によっても、やり方が違うかと思いますので、それなりに見ていただければと思います。

直前までは白菜や大根がここには植えてありました。
収穫したので、その後にここを蕾菜とレタスの畑にしていきます。
以前の風景はこんな感じでした。

蕾菜とレタスを植える前の大根や白菜の栽培風景の写真

白菜や大根の栽培風景の写真

1番手前にネギが見えますが、それが目印になるかと思います。
ネギの奥にあるものは収穫しました。

その後の作業をいかに紹介していきます。

つぼみ菜とレタスの畑に入れる肥料は?その成分の目的!

まずは収穫した後に、肥料やいろんな成分を持った物を畑に入れていきます。

  • 1:鶏糞:成長促進
    2:石灰窒素:土の消毒液と殺菌高価
    3:くん炭:土の中に酸素を送る効果、土質改善
    4:米糠:作物に甘みが出て来る

と・こんなふうに、おふくとがいうには、それぞれに目的が在ります。

それぞれの肥料の写真は?

以下です。

こちらは石灰チッソ。

石灰窒素の写真

こちら米ぬかです。
この辺では「さくず」と言っています。
これを売っていません。
どこで手に入れるかは、こちらの記事で紹介しました。

米糠の写真

こちらは鶏糞です。
どこでも売ってるものです。
安くてとてもいいですね。
以前は牛糞を資料にしたものを、トンバックで買っていたのですが、販売先から手に入らなくなったので仕方がなくて、高くつきますがこちらを、使用しています。

購入した鶏糞の写真

くん炭の写真

くん炭は、我が家で米(一目惚れ)のもみすりの最中に出てくる籾殻を、くん炭にするべく焼きます。

もみ殻を焼く燻炭作成の様子の写真

焼いたものを袋に入れて、それを畑に振って行きます。

くん炭の写真(手前の袋)

てまえの袋がくん炭です。

以上の4つを適当に畑に振った写真が以下になります。

肥料を振った畑の写真

このふった畑を、豆トラで耕して行きます。

ミニトラで畑を耕す風景!畝と経過の写真!

ミニトラで畑を耕すのですが、その状況の写真を以下に紹介します。

ミニトラで耕してる風景写真

もう一枚

ミニトラで耕してる風景写真

土に充分肥料が攪拌されて、さらにほぼ平に仕上がった時点で、次は畝を立てていくんだな

畝を立てている状況写真

こんな感じです。

畝を立てている状況写真

畝を立てながら実際は、実際は写真のようにマルチシートをかけていきます。
このシートには写真のように、植える場所には穴が開いています。

それが適度に間隔が空いてますから、非常に便利です。
また黒いシートの下は、草が生えません。

便利なものだなぁと、つくづく思います。

・・・・・・・・・・・
秋野菜を産直で売ってるのですが、それぞれを紹介しました。

秋の野菜の収穫 春菊やネギや芋の子やウコンの産直野菜の販売形態!

我が家の減反の田んぼを、来年畑にするので今からその準備なのですが、その状況を紹介しました。

減反の田んぼを畑にしてほうれん草を植えて産直で販売する実験!1

これはちょっと、たのしみなのでした。

・・・・・・・・・・・

レタスとつぼみなの苗の写真と植えた写真!

さて植えるのは、畝が4つなので3つにつぼみ菜と、一つにレタスです。

苗はあらかじめ、種子で植えて畑に仮植してあります。

こちらは「つぼみな」です。

つぼみなの仮植した写真

こちらはレタスです。

レタスの苗の写真

この2つの苗を上のマルチシートの穴に、1つずつ植えていきます

するとこうなるんだな。

つぼみなとレ足しの植えた状況写真

もう一枚。

つぼみなとレタスを植えた写真

みた角度と、写真を撮影した時期が違うので、全く違うように見えますが実は同じです。
上の写真の手前の、苗が小さいのはレタスです。
ともに来年春、4月か5月その辺が最盛期です。

蕾菜はもちろん食べきれませんので、ほぼ産直で売ることになります。
つぼみ側、その性質上どんどん出てきます。

とってもとってもどんどん出てくるので、楽しくなりますよ。
それを100グラム100円ほどで、スーパーの産直で売ります。
今年は4月から5月にかけて、けっこうな数を売りました。

レタスは、大好きなのでほぼ自家消費になります。

来年も期待しています。

*その後の時間の経過での辺かも、ここで紹介していこうと思います。
 不定期更新です。

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。